インド留学(語学留学)

インド英語

インドは1947年に独立するまで、100年あまりにわたってイギリスの植民地となっていました。イギリス植民地時代には、英語が公用語とされていましたが、現在はヒンディー語が連邦公用語、英語は連邦準公用語(一部の州では公用語)となっています。多くのインド人が英語、ヒンディー語、現地語の3言語を使いこなし、学校や企業では主に英語が使われています。

インド英語の特徴


■概観

インドでは小学生の頃から英語を習い始めます。この国の官公庁や大学では日常的に英語でコミュニケーションがとられていることもあり、英語を習得することは社会で成功するための 基本条件となっています。このため、英語オンリーの全寮制高等学校が作られるなど、教育の現場も加熱傾向にあり、英語しか話せないインド人の若者も登場し始めています。

インド人とのコミュニケーションは私たち日本人にとってはとてもいい英語のトレーニングになります。と、言うのもインド人は、間違った英語でも堂々と自信満々に話しかけてきます。 もちろん、ネイティブと言えどもいつも完璧な英語を話すと言うことはないのですが、「間違ったら恥ずかしい」とか、「ちゃんと話せる自信がない」などと、引っ込み思案になりがちな日本人にとって、インド人の英語の話しっぷりは手本になります。相手も本当のネイティブではないんだと思うと、こちらも急に積極的に話し出したり・・。
コミュニケーションの楽しさを実感することができる上、「こんな言い方でも通じるんだ」と、発見することしきりです。

■単語
Indianlanguage3  
cash → 小銭
cooling-glasses → サングラス

English → 西洋の
family → 妻
Hotel、lunch home  → レストラン
medical hole→  薬局


■発音

・thの発音が「ダ」になる  
・Rを巻き舌で発音する (Father → ファーダル、Mother → マーダル)
・Sの音の前に短いイという音を入れて発音する  (Station → イステーション)
・ローマ字読みのような発音 (Wednesday → ウェドネスダイ

■アクセント

・抑揚が少ない。(日本語と同じ)


■各種スクールでの英語

・語学スクール : 基本的に英、米、カナダ英語の発音が授業が教えられます。主にインド人学生を対象にした、発音や言い回しのクラスもあります。

・ITスクール  : 英語クラスは基本的にブリティッシュイングリッシュ。専門クラスは、(インド人教師によるいわゆる)インド英語での授業が行われています。

・アーユルヴェーダスクール : 基本的にレッスンは英語で行われます。但し、専門用語の中にはサンスク リット語が多く含まれています。


ヒンドゥー語


Indianlanguage4 ■ヒンドゥー語の挨拶

ナマステ → おはよう、こんにちは、こんばんは
アープ・カエセェー・ヘン → 元気ですか?
ジー・ハーン → はい
マーフ ディージエー → ごめんなさい
サマジ ナヒ−ン → わかりません
ダンニャバード → ありがとう



■語学研修以外の留学プログラム■
インド留学プログラム:
IT留学 大学院 ソフトウェア開発コースIT留学 大学院 ビジネスマネージメントコースIT留学 英語/ IT /インターン/初級者も参加可能な総合コース アーユルヴェーダ セラピスト養成プログラムアーユルベーダ短期研修
アーユルベーダ、ヨガ体験:
ビーチリゾート パッケージツアー健康と癒し/スペシャルパッケージコース旅行感覚で行ける、短期パッケージツアー最高級リゾートでヨガ体験 短期ツアー


インド留学TOPに戻る

インド語学留学TOPに戻る


お問い合わせフォームが表示されない場合はこちらから